年の瀬に思うこと

投稿日:2020年12月09日(水)

表顕力




今年もあと3週間。

あっという間の1年でした。

去年の今頃は、何をしていたのかを思い返したりしております。

 

少しホッとした気分が故、今年を振り返ってみようと思い、自分自身の周りで起きた出来事を懐かしく感じながら、思い出しておりました。

良いこと、悪いこと、嬉しいこと、辛いこと、嫌なこと、悔しいこと、沢山の出来事に恵まれた1年でした。

 

ここ2,3カ月で、自分を取り巻く状況が、一変しました。

半年前にお付き合いがなかった方々との関係がスタートしたり。

逆に、半年前までお付き合いのあった方々とのお別れもありました。

 

半年前は、1年前お付き合いのなかった方々との関係がスタートしたころでした。

多分、「半年」のスパンで、様々な変化が訪れるのかもしれません。

来年の6月ころ、どのような状況下に自分がいるのかが楽しみであります。

 

現在、今年最後の「断捨離」を行っている最中です。

必要のないものを整理する作業に奔走しているところですが、これもまた、半年前までは、必要だったものがほとんどのような気がしておりますが。。。




今年は、理屈で考えて、もっともらしい答えを出してから動くのではなく、「直感」頼りにアクションを起こし続けた1年だった。

ブログの更新についても同様だった。

記事として書く内容も「直感」を頼りにすることで、変化があった。

 

検索エンジンを介してのアクセスが増え始めてから、少し色気づいた感があった。

「書くこと」が目的だったはずが、「読んでもらうこと」が目的に変わっていた。

 

もう一度、ブログを始めたころの気持ちをおも出した。

やはり、書くことを目的に、継続していこうという気持ちになった。

 

格言を用いての構成は、楽しかった。

偉人の格言を通して、色々なことを感じる機会になったことが、一番楽しいことだったように思う。

 

自分自身が、格言から感じることができた。

ブログ更新作業を通して、良い経験になったと思う。

 

来年は、どのような流れでブログを続けて行こうかを考えている。

多分、今年とは違う趣で進むのだろう。

多分、今年感じることのなかった「直感」が、突然訪れるのだろう。

 

あまり難しく考えることなく、その時々の感覚を大切にしながら、続けて行こうと思う。

今年を振り返って思うこと。

アクセス数の多寡に関わらず、続けてきて良かったと思えることを嬉しく思う。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。
最近の投稿記事
  • 対岸の火事

    投稿日:2019年12月02日(月)

    2004年2月。 狂牛病の発覚により、大手牛丼チェーンで牛丼の販売が休止になりました。でも、それは日本だけの話で、アメリカでは、何も変わらず牛丼を食すことができました。   日本時間で中止となった当日、職場の日 […]


    本文を読む

  • 年の瀬に思うこと

    投稿日:2020年12月09日(水)

    今年もあと3週間。 あっという間の1年でした。 去年の今頃は、何をしていたのかを思い返したりしております。   少しホッとした気分が故、今年を振り返ってみようと思い、自分自身の周りで起きた出来事を懐かしく感じな […]


    本文を読む

  • 知らざるを知らずとなす これ知るなり

    投稿日:2020年09月21日(月)

    【過去回帰により、進むべく未来へのベクトルを定め、その先にある「約束の地」へ・・・】   知らないことに遭遇する毎日です。 知っていたつもりでも、実は知らなかったということもあります。   複数の人に […]


    本文を読む