謹賀新年

投稿日:2021年01月01日(金)

表顕力




新しい年が始まりました。

気持ちを新たに、新しい年を迎えました。

昨年のうちに整理しようと思っていたことは、ほぼ整理することができ、スッキリした気持ちで新年を迎えることができました。

 

年末、少し滞っていたブログ更新でしたが、今年の目標に掲げたことを形にできるよう、再度気合を入れ直して、ブログ更新を続けて行こうと考えております。

現時点では、想像できかねておりますが、新たな展開が訪れる気配を感じております。

 

去年の元旦、ブログを更新しておりました。

記事の内容は、新年のあいさつのみでしたが、行間を読んでみると、2018年の色々な出来事を思い出せる内容でした。

今日、昨年を振り返る意味で記事を読んでみましたが、1年前を懐かしく感じました。

 

今年は、現時点で想定できることが、沢山あります。

それらを具現化していく作業を中心に、想定できない出来事に直面したとき、都度、それらをしっかりと解決していく1年になるのだと思います。

 

ブログの内容については、どうなるのか。

楽しみにしております。

自分ではコントロールできない流れの中で、更新作業を続けていくような気がしておりますが、ある日突然、何かを思いつくような気もしております。

 

昨年、世の中は、どちらかというとネガティブな出来事に終始した1年でした。

今年は、昨年とは違う流れで、新たな展開があり得るのだろうか、しばらくは、ネガティブな流れが続くのか。

 

いずれにしても、自分自身で決めたことを淡々とこなしていくだけだと思っております。

良い1年にできるよう、精進を続けて行きたと考えております。

本年も、よろしくお願い致します。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。
最近の投稿記事
  • ユータ

    投稿日:2020年05月20日(水)

    小学校2年生の息子がいます。 結婚して間もなく、子宝に恵まれました。 現在は、離れて生活しておりますが、定期的に会う機会はあります。 定期的に会うことを「面会交流」と呼ぶそうです。 僕は、この単語を調停の際に知りました。 […]


    本文を読む

  • 分解力

    投稿日:2020年02月24日(月)

    「困難は分割せよ。」 フランスの哲学者、ルネ・デカルトが、著書『方法序説』の中で述べた言葉です。 具体的な方法は、 1.明証的に真であると認めたもの以外、決して受け入れないこと。(明証) 2.考える問題を出来るだけ小さい […]


    本文を読む

  • 経費削減

    投稿日:2020年07月03日(金)

    「節約」の話題を偶然テレビで見ました。 色々と参考にできることがあり、目からウロコでした。 用もなくコンビニに入って、無駄なものを買ってしまうことがあります。 必要のないものを必要だと思い込んで購入しながら、実は不要だっ […]


    本文を読む