A man who dares to ・・・

投稿日:2021年01月19日(火)

表顕力




「A man who dares to waste one hour of time has not discovered the value of life.」

「一時間の浪費をなんとも思わない人は、人生の価値を見出してない人だ。」

イギリスの自然科学者 チャールズ・ダーウィンの格言です。

 

この格言を理解するために、1時間を費やしました。

費やした1時間は、浪費なのでしょうか。

1時間かけて、何かを得ることができれば、その時間は、投資なのでしょうか。

 

こんな風に、どうでも良いことをダラダラと考えてしまう傾向があります。

これは、皆そうなのだと思います。

「時間の有効活用」方法の模索には、終わりがなく、今後も続いていくことなのでしょうが。。。

 

テレビを見ているとき、ふと我に返ることがある。

「今、テレビを見ている時間は、有効に活用されているのだろうか。」

そう思った瞬間、テレビを消して、今やるべきことをや始めることにしている。

 

逆に、テレビを見ている時間を有効に活用されていると感じることがある。

そのときは、そのままテレビを見続けている。

 

テレビを見ることの是非ではない。

自分の時間を有効に活用できているか否かだけを問題視している。

よって、傍からは無駄に見える時間の使い方が、必ずしも無駄ではない。

 

そもそも、傍から見えるものには、特段重要なものはない。

必然的に、「傍から見るとどんな風に映るのだろう。」と考える時間は、有効活用されていない時間となる。

 

仕事をしていて、時々感じることがある。

「少し時間をかけてゆっくりと片付けたい。」

もっともらしいことを思った瞬間、後から片付けるべくスケジュールを組む。

「ただの先延ばしだぁ。。。」

と気付くことができたとき、ゆっくり片付けるという感覚が消える。

「今、できるところだけを片付けよう。」

という気持ちで、始動する。

 

始めてしまえば、ゆっくり片付けるべきものではなかったことに気付く。

よくわからない言い訳じみた理由により、少しでも早く片付けるべきことを先延ばしにして、結果的に、色々なことに遅れが生じる。

 

「ビジネスでは、6ヶ月早くやっていれば良かったということはある。 しかし、6ヶ月先延ばしにすれば良かったということはまずない。」

アメリカの実業家 ジャック・ウェルチの格言。

これが、すべてを物語っているような気がする。

 

今、何かを思ったら、感じたら、とりあえず始める。

その習慣が、先延ばし癖を矯正してくれるような気がする。

 

「人生の価値を見出す」ためには、浪費を敵視しながら、時間の有効活用を意識し続けて行こうと思う。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。



  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。
最近の投稿記事
  • 7月18日に生まれて

    投稿日:2020年07月18日(土)

    昔、ベトナム戦争を題材にした映画が、大ヒットしました。 その映画のタイトルは、18日ではありませんが。。。   今日、父親の誕生日でした。 76歳。 僕の年齢に「31」を足せば、父親の年齢になります。 気が付い […]


    本文を読む

  • 人間の器

    投稿日:2020年01月20日(月)

    1番好きな作品は?と問われたら、「霧の旗」と答えると思います。 ですが、上京の際、蒲田に宿泊することがあったり。。。 当時社会問題となっていた件が、大学の偉い先生の一言がキッカケとなり、「科学は正しいという迷信の風で育っ […]


    本文を読む

  • キャッシュバック

    投稿日:2019年12月03日(火)

    アメリカで携帯電話の新規契約をした時のことです。   当時、有名ハリウッド女優を広告に起用していた携帯キャリアを選びました。 ショッピングモールに行くと携帯ショップのようなお店が沢山あり、その中から、「100ド […]


    本文を読む