If you work just for・・・

投稿日:2021年02月03日(水)

冒険力




「If you work just for money, you’ll never make it, but if you love what you’re doing and you always put the customer first, success will be yours.」

アメリカの実業家 レイ・クロックの格言です。

 

毎日仕事をしていて感じることが、沢山あります。

大まかに別けると、楽しいと感じる仕事、そうは感じない仕事のどちらかなのかもしれませんが、それぞれに感じることが沢山あります。

 

何のために働くのか

という書籍を拝読したことを思い出します。

「天命」という単語が、至る所で活用されておりました。

自分の「天命」とは??

毎日、そんなことを考えながら、目の前のことに集中するよう努めておりますが。。。

 

「利他の精神」

巷でよく耳にする単語である。

「言うは易し行うは難し」

言葉の意味は理解できても、実際に利他の精神をもって行動することは、容易ではない。

自分の中にある「利己的な」部分が、見え隠れしてしまうからだろう。

 

「今、この瞬間に取り組んでいる仕事は、誰のためなのだろうか?」

いつも自問して、その仕事の目的を明確にする作業を行うようにしている。

利己的な目的で行う仕事のほとんどは、自分のイメージする方向には進まない。

 

「誰かのためになっているのだろうか?」

そう自問すると、誰かのためという大義名分を探し始める。

その大義名分に違和感を抱くことがなければ、スムーズに進めることができる。

気が付いたら、集中して取り組めている。

 

大義名分がしっかりと定まっている仕事は、生産性を向上させてくれる。

自分でも驚くほど、短時間で片付けることができている。

必然的に、楽しい仕事と思う。

 

逆に、楽しいと感じることができない仕事とはどのような仕事なのだろう。

目的もなく、何となく進めている仕事ではないだろうか。

やらされている仕事ではないだろうか。

 

例えば、単純作業は、楽しいと感じさせてくれない。

が、楽しいと感じることができるアプローチが存在することに気付くことができた。

 

単純作業を通して、無駄やムラのあるプロセスを探し出し、そのプロセスを効率化する作業。

この作業は、とても楽しいと感じる。

 

この格言により、自分のしている全てのことを愛せるようにする方法を探し続けようと思わされた。

 

(お金のためだけに働いているならば、絶対に成功はできないが、もしもあなたが自分のしていることを愛し、常に顧客を最優先するなら、成功は君の手にある)

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。
最近の投稿記事
  • 光陰惜しむべし

    投稿日:2020年07月27日(月)

    気が付いたら7月も最終週に入りました。 最近、1週間が短く感じます。 4連休もあっという間に過ぎてしまったという感じがします。   1日が、あっという間なのかもしれません。 「朝、希望を持って目覚め、昼は懸命に […]


    本文を読む

  • Heart of Gold

    投稿日:2020年08月20日(木)

    昔良く聴いていたバンドの楽曲です。 アルバムに収録された楽曲で、シングルとしてリリースはされていないのですが、大好きな楽曲でした。 サビの部分のインパクトにより、今まで、ずっと忘れずにいたように思います。   […]


    本文を読む

  • 【改訂】困るということは、・・・

    投稿日:2021年03月13日(土)

    「困るということは、次の新しい世界を発見する扉である」 アメリカの発明家 エジソンの格言です。   何かに「困る」ことは、普通に生活をしている限り、普通に起こることだと思います。 料理をしようと思ったら、醤油が […]


    本文を読む