常識で考えることが・・・

投稿日:2021年02月27日(土)

戦闘力




「常識で考えることがいかに不合理かを肝に銘じよう。常識とは多数派の理論にすぎない。」

日本の実業家 三木谷浩史氏の名言です。

 

世の中の常識は、いつも手強いものです。

そんな風に感じさせられる常識が、多々あるように思います。

 

「普通はこうだから。」

「普通はそうしない。」

「そんなのは、非常識だ。」

そんな意見に対して、「どうしてですか?」

と問い返してみることがあります。

 

高い確率で、

「だって。。。」

「いやぁ。。。そのぉ。。。」

明確な回答を得ることができません。

 

そんなことを繰り返していくうちに、「いわゆる常識」というカテゴリを作り、違和感がある事象については、そのカテゴリに含めるようになりました。

 

「多分、そういうことだろう。そうであれば。。。」

そんな風に、次のアクションを考えたりするようになりました。

ときに、「いわゆる常識」とは、世の中の問題ではなく、その相手本人が、本人の常識に基づいて、「いわゆる常識」を定義していることの方が多いような気がしておりますが。。。

 

「馬には乗ってみよ人には添うてみよ」

乗る前に馬を判断したり、添う前に人を判断したりする人がほとんどのように思う。

「人は見た目が9割」

という書籍が、全てを物語っている。

 

余談ではあるが、最近、確信していることがある。

「人は、9割の見た目を形成する中身が10割」

が正解であると確信している。

 

Getting back to the subject…

「利他の精神」

ここ数年、とても大切にしながら、いつも意識している。

万人が、「当たり前」と思っていることである断言したい。

「利他の精神」を持つことは、生きて行く上での「常識」であると信じたい。

 

が、その「常識」は、言葉の意味についてのみであり、行動に移している人はどれだけいるのだろう。

行動に移すことまでは、「常識」として捉えられていないということなのだろうか。

 

少し俯瞰して考えてみると、違和感を覚えることが多々ある。

「全うなこと」を書いている文章。

「全うなこと」を言っているスピーチ。

どれも、いわゆる「常識」として括って良いと考える。

 

が、「言うは易く行うは難し」なのだろう。

「行うは難し」故に、「行えなくてもしょうがない。」という解釈も「常識」として括られてしまうのだろうか。

 

違和感を覚えるか否かは、書いている人、言っている人の人間性次第のような気がしている。

偉人の格言、名言が、心に響くのは、そういうことなのではないだろうか。

 

巷に転がっている「常識」は、結構な割合で、理に適っていないことがある。

理に適っていないと感じたとき、どのようなアクションを起こすのか。

それが問われているような気がしている。

 

この名言により、少なくとも、「自分自身の中」で説明できないことを、「常識」として捉えることに疑問を持ち続けて行かなければ、と思わされた。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。



  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。
最近の投稿記事
  • 争わざるの理

    投稿日:2020年02月21日(金)

    「絶対的天地に争いはなく、相対的世界にのみ争いは生ず。」   合気道の教えの一つです。 最近、良くも悪くも、色々なことに達観してしまったこともあり、この理がマイブームとなっております。   同業他社と […]


    本文を読む

  • Take the course opposite to・・・

    投稿日:2021年01月18日(月)

    「Take the course opposite to custom and you will almost always do well.」 「慣習とは反対の道を行け。そうすれば常に物事はうまくいく。」 フランスの哲 […]


    本文を読む

  • The important thing is not to・・・

    投稿日:2021年02月15日(月)

    「The important thing is not to stop questioning. Curiosity has its own reason for existing.」 ドイツの物理学者 アインシュタイン […]


    本文を読む