Logic will get you from A to B. Imagination will take you everywhere.

投稿日:2021年04月20日(火)

創造力




「Logic will get you from A to B. Imagination will take you everywhere.」

ドイツの物理学者 アインシュタインの格言です。

 

便利な世の中になってきております。

敢えて、トレンドワードを使いますが、「DX(デジタルトランスフォーメーション)」による恩恵であると考えております。

もちろん、その功罪はありますが、便利な世の中になってきているのは、間違いないと考えます。

 

今まで、「アナログ」が当たり前だったものが、「デジタル」によって、AからBへ導かれているのではないでしょうか。

生産性向上、業務効率化などは、デジタルで解決できるものであると確信しております。

 

それでも、世の中には、「デジタル化」できないものが、沢山存在していると考えておりますが。。。

 

「AIが人間の仕事を奪う」

巷間、よく耳にするフレーズ。

奪われる仕事を業種別にまとめたサイトなども存在している。

「単純作業は、AIに置き換わる。」

「データの処理能力は、AIには敵わない。」

色々なことが言われている。

 

「AIが人間の仕事を奪う」という文章だけでは、説明が充分ではないような気がしている。

誰も、「人間」の定義を明確にしていない。

姿かたちが「人間」であることが、「人間」の定義なのだろうか。

 

持論で恐縮ではあるが、「人間の仕事をAIが奪うことはあり得ない。」と考えている。

理由を問われた場合、必ず、「人間の定義は何ですか?」と問い返すことにしている。

 

ほとんどの人は、「憲法上保証されている「基本的人権」を担保された人」を「人間」と定義している気がする。

表向きは、それで良いのだと思う。

逆に、「人間」を、それ以外で定義すると、波風が立つ。

余計なことは言わない方が良い故、それで良いのだと思う。

 

「余計なことを言っている」と自覚しているいう前提で、「人間」を定義したい。

 

「人間は一本の葦にすぎない。自然のなかでもっとも弱いものである。だが、それは考える葦である・・・」

パスカルの有名過ぎる話である。

 

この話を前提として考えると、人間が、「考える葦」である限り、AIに仕事を奪われることは、あり得ないと考えている。

よって、「AIが葦の仕事を奪う」が正解であると確信している。

 

「考える」は、理論的に考えることではないと思う。

理論的に考えても、AからBにしか導いてもらえない。

「自由にどこへでも導いてくれる想像力」の有無が、人間か否かを決めると確信している。

 

この名言により、「考え続ける葦」を目指していかなければと思わされた。

AIの台頭を「対岸の火事」と捉えることができるよう精進を続けて行こうと思う。

 

(理論はAからBへ導いてくれるだけだが、想像力はあなたを自由にどこへでも導く。)

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。
最近の投稿記事
  • 投稿日:2020年02月08日(土)

    「人間はひとくきの葦(あし)にすぎない。 自然のなかで最も弱いものである。 だが、それは考える葦である。」   ブレーズ・パスカルの代表作、「パンセ」の中の一節です。 大学時代、自動車教習所の先生から初めて聞か […]


    本文を読む

  • 過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ

    投稿日:2021年04月28日(水)

    「過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。」 ノーベル賞受賞物理学者の名言です。   過去を引きずり、未来を願望している間に、今日が終わっていることがあります。 今日が過去になり、引きずるべく過 […]


    本文を読む

  • The person who reads・・・

    投稿日:2021年01月30日(土)

    「The person who reads too much and uses his brain too little will fall into lazy habits of thinking.」 ドイツの物理学者 […]


    本文を読む