財布

投稿日:2020年07月06日(月)
冒険力


財布の中身を整理しました。

半年以上使っていないポイントカード、割引券などは、処分しました。

銀行口座も、ほとんど使用していない口座は、解約する予定です。

何となく入れていたドル札も、これを機に財布から出しました。

 

使用頻度の高いポイントカードは、アプリがあれば、カードは必要なくなります。

レシートは、毎日財布から出し、収支の計算を終わらせることにしております。

現金は、必要な額だけ財布に入れることにしました。

 

「買物をしない日」を定め、その日は、絶対にお店に入らないことにしました。

今のところ、うまく行っております。

 

問題は、財布そのものにあったのではないかという気が。。。

 

今まで、何度も財布を変えてきた。

二つ折り財布を好んで使用したころもあれば、長財布をずっと使用していたりもした。

三つ折りの財布は、コンパクトにまとまるため、とても気に入っていた。

 

学生時代、二つ折り財布をジーンズの後ろポケットに入れる習慣があった。

立ったり座ったりを繰り返し、財布の形が歪になることを気にはしていたが、ポケットに入れる癖があった。

 

アメリカでは、財布をあからさまに持ち歩くのは、余り賢い行為とは言えない。

よって、二つ折り財布を使用していた。

 

出掛けるときにカバンを持ち歩く習慣ができてからは、長財布を使用するようになった。

財布の形をキープするためにも、中身を整理して使用していたころがある。

 

日本に戻ってからは、ずっと長財布だった。

しっかりと整理できない時期があり、パンパンの財布を持ち歩いていることに抵抗がなかったこともある。

 

ここ2,3年で、財布に対する考え方を改めた。

1.ポケットには入れない。

2.割引券などを貰っても、使用するつもりのないものは、財布の中に入れない。

3.半年以上使用していないものは、処分する。

4.極力、現金を持ち歩かないようにする。

5.小銭は、ある程度枚数があると感じたとき、財布から出して貯金箱に入れる。

 

などを徹底するように心掛けた。

持ち物をシンプルにするだけでも、何かが変化するように感じている。

無駄なものを所有することにより、別の無駄を生み出すようにも感じている。

 

ずっと使用していた「長財布」をやめることにした。

二つ折り財布を購入した。

これを機に、改めて財布の中身を整理した。

「必要かもしれない。。。」と思って入れていたものの大半は、必要なかったようだ。

 

電子マネーが、台頭してきている。

今後、もしかしたら現金でのやり取りがなくなると考えている。

今はまだ、現金のみのお店が多々あることから、すぐにそのような状況にはならないと思いながらも、現金に変わる「デジタルの何か」が、当たり前になるように思う。

 

クレジットカード、キャッシュカードも要らなくなるように思う。

必然的に財布が要らなくなるのでは。。。

そう思いながら、新しい財布を購入した。

次に購入する財布は、もっと小さなものにできるよう、引き続き、財布の中身を整理し続けて行こうと思う。

 





この記事へのコメント送信
(すべて必須事項です)



記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

プロフィール(詳細
阿部雄一郎
阿部 雄一郎(あべ ゆういちろう)
1975年 アメリカ合衆国カリフォルニア州生まれ。
1999年 札幌の大学を卒業後、渡米。
米国ニュージャージー州の私立工科大学大学院に入学。
(コンピュータサイエンス専攻、理学修士(M.S.)課程修了)
システムエンジニアとして、様々な業種の法人様向けにシステムのご提案し、導入・管理をご支援して参りました。
今までの経験を活かし、グローバル化、多様性社会の時代にて、新たな価値を創造していきます。
記事検索
書籍紹介
  • 「仕事ができる」とはどういうことか?

    今まで腑に落ちないでいた気持ちが、スッキリしました。
    「右脳」と「左脳」両方のバランスに秀でた人間を目指し、精進を続けて参ります。

    「学び」を感じることができる書籍です。

  • 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義

    中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。

  • ASKA CONCERT TOUR 2019 Made in ASKA

    昨年4月12日、国際フォーラムでのコンサートに行ってきました。

    コンサート終了後、ファンクラブに入会。
    今後は、ツアーが開催される際、必ず行くつもりです。

最近の投稿記事
  • いかなる問題も、それをつくりだした・・・

    投稿日:2020年10月18日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできません。」 物理学者アインシュタインの格言です。 &n […]


    本文を読む

  • 過去から学び、今日のために生き・・・

    投稿日:2020年10月12日(月)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。」 ノーベル賞受賞物理学者の格言です。 この格言が、僕にはとてもス […]


    本文を読む

  • 画期的な解決策のヒントが得られることも・・・

    投稿日:2020年10月09日(金)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「問題を別の角度から捉え直せば、画期的な解決策のヒントが得られることもある。」 米国の発明家・起業家の格言です。 問題に直面 […]


    本文を読む

  • ハロー効果

    投稿日:2020年10月08日(木)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「ハロー効果」とは、   表層的な部分に囚われて、実際を過大評価してしまう時に働いている効果のこと   […]


    本文を読む

  • 自己分析

    投稿日:2020年09月27日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   ブログの「キーワード」を「過去回帰」と定め、その「キーワード」の則った内容を投稿するようにしております。 変えることのできな […]


    本文を読む