財布

投稿日:2020年07月06日(月)

冒険力




財布の中身を整理しました。

半年以上使っていないポイントカード、割引券などは、処分しました。

銀行口座も、ほとんど使用していない口座は、解約する予定です。

何となく入れていたドル札も、これを機に財布から出しました。

 

使用頻度の高いポイントカードは、アプリがあれば、カードは必要なくなります。

レシートは、毎日財布から出し、収支の計算を終わらせることにしております。

現金は、必要な額だけ財布に入れることにしました。

 

「買物をしない日」を定め、その日は、絶対にお店に入らないことにしました。

今のところ、うまく行っております。

 

問題は、財布そのものにあったのではないかという気が。。。

 

今まで、何度も財布を変えてきた。

二つ折り財布を好んで使用したころもあれば、長財布をずっと使用していたりもした。

三つ折りの財布は、コンパクトにまとまるため、とても気に入っていた。

 

学生時代、二つ折り財布をジーンズの後ろポケットに入れる習慣があった。

立ったり座ったりを繰り返し、財布の形が歪になることを気にはしていたが、ポケットに入れる癖があった。

 

アメリカでは、財布をあからさまに持ち歩くのは、余り賢い行為とは言えない。

よって、二つ折り財布を使用していた。

 

出掛けるときにカバンを持ち歩く習慣ができてからは、長財布を使用するようになった。

財布の形をキープするためにも、中身を整理して使用していたころがある。

 

日本に戻ってからは、ずっと長財布だった。

しっかりと整理できない時期があり、パンパンの財布を持ち歩いていることに抵抗がなかったこともある。

 

ここ2,3年で、財布に対する考え方を改めた。

1.ポケットには入れない。

2.割引券などを貰っても、使用するつもりのないものは、財布の中に入れない。

3.半年以上使用していないものは、処分する。

4.極力、現金を持ち歩かないようにする。

5.小銭は、ある程度枚数があると感じたとき、財布から出して貯金箱に入れる。

 

などを徹底するように心掛けた。

持ち物をシンプルにするだけでも、何かが変化するように感じている。

無駄なものを所有することにより、別の無駄を生み出すようにも感じている。

 

ずっと使用していた「長財布」をやめることにした。

二つ折り財布を購入した。

これを機に、改めて財布の中身を整理した。

「必要かもしれない。。。」と思って入れていたものの大半は、必要なかったようだ。

 

電子マネーが、台頭してきている。

今後、もしかしたら現金でのやり取りがなくなると考えている。

今はまだ、現金のみのお店が多々あることから、すぐにそのような状況にはならないと思いながらも、現金に変わる「デジタルの何か」が、当たり前になるように思う。

 

クレジットカード、キャッシュカードも要らなくなるように思う。

必然的に財布が要らなくなるのでは。。。

そう思いながら、新しい財布を購入した。

次に購入する財布は、もっと小さなものにできるよう、引き続き、財布の中身を整理し続けて行こうと思う。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。



  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。
最近の投稿記事
  • 証明写真

    投稿日:2020年12月22日(火)

    諸々、公的証明書の申請のため、証明写真の撮影を行いました。 運転免許証の更新以外で、証明書を申請するのは、ほぼ10年ぶり。 当時の写真は、いつどこで撮影したかさえ忘れてしまっているくらいです。   駅にある証明 […]


    本文を読む

  • 進路は東

    投稿日:2020年07月23日(木)

    元号が、平成に変わろうとしているころだったと思います。 「昭和」という楽曲を良く聴いていました。 「とうとう昭和の歴史が終わった。。。」 感慨深い想いでした。。。   サビの歌詞に、何故か頭に残っているフレーズ […]


    本文を読む

  • 試奏

    投稿日:2020年06月26日(金)

    自分で勝手にイメージして躊躇してしまうことが多々あります。 アクションを起こした後の「失敗」を想定してしまい、無意識にブレーキをかけるのであれば、単なる「損失回避」なのだと思います。 しかし、自分の勝手なイメージは、いわ […]


    本文を読む