セキュリティ対策

投稿日:2020年12月14日(月)

戦闘力




VPSを利用して、自社でサーバを管理しております。

あるグループウェアを稼働させる際、VPS上であれば、システムを無償で利用できるということを知りました。

当時お付き合いのあったクライアントにご提案し、弊社にてサーバを運用することになり、サーバ周りを勉強し始めました。

 

社内で利用するグループウェアの運用でしたので、トラフィックも、特に気にすることはなく、セキュリティについては、最低限で問題なかったことを記憶しております。

それでも、それなりに勉強し、サイトへの攻撃の可能性を低くするための対策は、行いました。

 

それ以来、自分でサーバを管理することに抵抗がなくなり、SaaSと言えるほどしっかりしたものではありませんが、自社サーバ上に汎用性のあるソフトウェアを構築し、サービスを提供してきました。

 

あれから5年近くが経ちました。

お陰様で、特に目立った問題もなく、今に至っております。

root権限があると、色々なことができるため、いわゆる「共有サーバ」では物足りなさを感じてしまうほどになってしまいました。

 

最近は、クライアントへのテスト環境として提供する機会が増えております。

諸々修正が入りますので、「納品」までの期間は、テスト環境で動作確認を行っていただいております。

 

先日、あるクライアントから、セキュリティ対策のチェックシートが届きました。

個人情報を扱うシステムであれば、セキュリティ対策が施されているか否かをチェックするシートです。

 

早速シートを拝見しました。

聞き慣れた単語が並んでいました。

シートにある内容すべてを網羅するため、諸々修正作業を行いましたが、基本的な部分は、問題なくクリアしておりました。

 

「5年前、勉強しておいて良かったなぁ。。。」

シートを拝見しながら感じたことです。

 

セキュリティについては、今後も日々進化していきますので、勉強を続けて行かなければならないのでしょうが、現時点では、及第点といえるレベルであることを実感できたような気がしております。

 

クライアントから届いたセキュリティ対策チェックシート。

何故なのか、とても嬉しく感じました。

今後も、色々と勉強していかなければならないことはありますが、興味の有無に関わらず、知らないことを知る作業を続けて行こうと思わされた出来事でした。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。
最近の投稿記事
  • To Do List

    投稿日:2021年01月07日(木)

    昨年から、前日に決めたタスクを完了させる流れで、一日を過ごすようにしております。 かなり前から、前日に予定を立てる作業を行ってきたのですが、機能していないこともあり、改善を試みてきました。   そんなときに役立 […]


    本文を読む

  • Have no fear of・・・

    投稿日:2021年02月24日(水)

    「Have no fear of perfection – you’ll never reach it.」 スペインの探検家 クリストファー・コロンブスの名言です。   完璧主義は、何かと疲弊を招くようです。 […]


    本文を読む

  • 新規事業準備

    投稿日:2020年12月10日(木)

    10月初旬。 昔のことを思い出し、昔の知人にメールを送った。 昔お付き合いがあったとはいえ、あれからしばらくの時間が経過している。 懸念していたことは、覚えていてくれているかどうかだった。   メールを送信後、 […]


    本文を読む