どうでもよいことは流行に・・・

投稿日:2021年02月16日(火)

戦闘力




「どうでもよいことは流行に従い、重大なことは道徳に従い、芸術のことは自分に従う。」

日本の映画監督 小津安二郎氏の名言です。

 

テレビを見ていると、現在のトレンドに触れることができます。

「こういうのが流行っているのか。。。」

「どういうところが良いのだろう。。。」

番組を視聴しながら、細かい部分を拾う作業を行ったりします。

 

スキャンダルを含めた著名人の話題には、色々と考えさせられることがあります。

「道徳に従うべく重大なこと」を軽いことと考えた結果なのではと思ったりもします。

 

重要か否か。

少し余裕をもって考えると、すぐに理解できることのように思いますが、それを実践するのは難しいように感じております。

 

人間、周りの影響を受けることにより、重大なことを流行りに従ってしまう傾向があるように感じておりますが。。。

 

いつのころからか、「心の声」に従うようになった。

直感によって導かれるものは、ほぼ100%正しい解答のような気がしている。

理屈で考えると、荒唐無稽のような話かもしれないが、理屈では考えないようにしている。

 

理屈で考えることのデメリットを強く感じることがある。

「現状維持バイアス」

このバイアスを基にして、理屈が組み立てられる気がする。

意識的にではなく、無意識に組み立てられるところが、厄介である。

 

人間は、1日に「35,000回」の決断を行っていると言われている。

一つ一つを意識的に決断しているはずはなく、無意識に行っていることがほとんどなのだろう。

よって、決断の必要のないことを決断する時間の浪費を回避したいと考える。

 

「決断の必要のないこと」とは何なのだろう?

多分、どうでも良いことなのだろう。

どうでも良いのであれば、流れに任せるのが、賢明であると考える。

 

「If-thenルール」

どうでも良いことが何かを整理し、それらについての決断を迫られた場合のルールを定める。

実際にルール通り動いてみると、ほとんどのことが、このルールに基づいて決断が可能であることに気付ける。

 

多分、今までどうでも良いことを決断するために、かなりの時間を費やしてきたのだと思う。

時間の浪費を回避することができれば、別のリソースに時間を割くことが可能になる。

必然的に、生産性の向上を可能にする環境を構築できることになる。

 

「やると決めたことを必ずやる」というルールを作った。

ルールとして決めた故、理屈で考えることはなくなった。

あれこれ考えている時間も浪費の類なのだと思う。

 

1日の生活の中で、どれだけの時間を有効活用できるのか。を問われているような気がする。

この名言により、できるだけ決断しなければいけない機会を減らすことの重要性を教わった気がする。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。
最近の投稿記事
  • Determine that the thing ・・・

    投稿日:2021年01月24日(日)

    「Determine that the thing can and shall be done, and then we shall find the way.」 (出来ると決断することだ。方法は後から見つければいいのだ […]


    本文を読む

  • 現在地

    投稿日:2020年07月02日(木)

    人と接する際、細かい部分が気になるようになってしまいました。 気にし過ぎているだけなのかもしれません。 いずれにしても、細かい部分が。。。   昔はどうだったろう。。。と考えることがあります。 昔はそんなに細か […]


    本文を読む

  • 一見して馬鹿げていない・・・

    投稿日:2021年02月28日(日)

    「一見して馬鹿げていないアイデアは、見込みがない。」 ドイツの物理学者 アインシュタインの名言です。   一見してばかげているアイディアは、必ず反対されます。 「ばかげている!!」 と言われて反対されるのではな […]


    本文を読む